ドラフトでアソボ 広島は誰を狙っているのか2016:おさらい 忍者ブログ

プロ野球ドラフト会議をネタに予想アソビをしているブログです。中日ファンですがドラフト予想は公平にやっているつもりで日々ドラフト指名選手や順位を考えてばかり。さてドラフト2020は近畿大学のスーパースラッガー佐藤輝明クンがいいなあ。ドラフトニュースはTwitterで更新しています(^∀^)/
何か見つかればいいけど

★7月に行なった「ドラフト予想アソビ:誰を狙っているか?」を検証してみたいと思います。何か今後の参考になればよいけどどうなるかな。(ドラフト会議2016指名結果

入札
この時点では山岡泰輔を予想してました。普通なら広島は入札を公言することが多いですが、ドラフト2016はしませんでした。山岡は、広島出身で広島ファンからも指名を望む声が多かったのではないでしょうか。
最後までしなかったのは、田中正義の体調を見極めたかったためだと考えます。結果、田中指名に踏み切りましたが引き当てられませんでした。

外れ1位
結果的に加藤拓也で珍しく的中しました!しかし外れ1位は佐々木千隼だったので少し微妙。加藤に対して一番評価していたのは広島でしたからこれはわかりやすかったですね。

2位以降
左腕が欲しいことは明白だったので大江竜聖床田寛樹を予想しました。結果は、奇跡的に高橋昂也が24番まで残っていたので指名し、3位に床田となりました。大江は鈴木誠也の後輩なので、床田はスカウトが高い評価をしていたため名前を挙げてみました。そこで狂い(良いほうに)が生じて捕手で九鬼隆平を諦めたかな。坂倉将吾が指名間近で評価の記事があったので既定路線だったのかも。また、田中和基も高い評価でしたが、九鬼はソフトバンク、田中和は楽天でそれぞれ3位指名となり縁がありませんでした。

結果的に左腕を2,3位で確保でき4位で捕手を獲れたことで、5,6位は残っていた高校生の高素材投手を指名しました。この傾向は他球団にも見られました。無理に野手を指名するようなチーム事情もないのでよい指名ができたと思います。

考察
・記事でスカウトが高い評価している選手は信じて良さそう
・特別地元を意識していなかった(候補は結構いたけど)
・最近は広島は目玉に積極的にいきます
・ドラフト法則は豊作のためか見つからず

ドラフト2017展望
戦力は、今年のシーズン次第ですが、野手はダブつき気味にいますから、今年のようなバッテリー中心の指名になると思います。ただし、新井の後継者の長距離砲は欲しいところでしょう。
入札候補としては「田島大樹(JR東日本)」を推します。田嶋はただの左腕ではありません。サイドから投げ込むスタイルは独特できっと戦力になると思います。
あえて、野手の候補を探すと下位で砂川リチャード(沖縄尚学)正木智也(慶応義塾)あたりは右の大砲として面白いと思います。
地元枠としては大阪出身で広陵高校出の柳澤一輝(早稲田大)、こちらも福岡出身の平元銀次郎(広陵)あたりが気になります。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

ブログパーツ

プロフィール
HN:
プルート太郎
性別:
男性
自己紹介:
★2005年11月23日創刊★
カテゴリー
ブログ内検索


   

にほんブログ村

野球 ブログランキングへ

ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ドラフトでアソボ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]