ドラフトでアソボ 日本ハムは誰を狙っているのか2016:おさらい 忍者ブログ

プロ野球ドラフト会議をネタに予想アソビをしているブログです。中日ファンですがドラフト予想は公平にやっているつもりで日々ドラフト指名選手や順位を考えてばかり。さてドラフト2020は近畿大学のスーパースラッガー佐藤輝明クンがいいなあ。ドラフトニュースはTwitterで更新しています(^∀^)/
何か見つかればいいけど


★7月に行なった「ドラフト予想アソビ:日本ハムは誰を狙っているのか」を検証してみたいと思います。何か今後の参考になればよいけどどうなるかな。(ドラフト会議2016指名結果

入札
入札は田中正義で決まりと1年前から思っていましたが、ギリギリまで他の選手を指名するのではという記事も多く出ていたので、現場でも迷っていたのかもしれません。しかしながら、結局田中を入札したので創価大学枠は鉄板を維持

 【外れ1位
外れ1位は高山優希を挙げましたが、夏以降高山の評価が上がらなかったため、なんと5位で日本ハムが指名しました。高山に対しては日本ハムが一番評価していたのは正しかったかな。
佐々木千隼に抽選参加後に高校生左腕は当たりましたが堀瑞輝でしたね。少し変化球で来るかなとは予想していたので、感覚的には予想が当たった?気でした。
  
2位以降
即戦力の内野手は指名するような気がしていたので中山悠輝にしてみました。これも石井一成を指名してらしさは感じました。石井の指名で外野手は佐藤拓也ではなくタイプの違う森山恵佑でいったのかも。結果的に中山も佐藤も指名漏れしてましたが。
創価大枠のもう一人池田隆英は楽天2位で縁がありませんでした。春に高い評価をしていたが、そこから失速して秋に盛り返してきた高良一輝を代わりに?指名。地元枠で玉井大翔の予想が的中し一安心。
郡拓也は評価の記事が出ました。今井順之助は打撃に特徴があり、やはりDHがあるパリーグのチームが指名しました。
  
考察
・創価大学枠は鉄板
・地元枠も問題なし
・特徴のある一芸に秀でた選手好き
・果敢に山口を指名し断られる
・例年ポジションの指名バランスが良い(あまり偏らない)
 
ドラフト2017展望
大谷が早ければ来期はいないことになります。投手は比較的補強しやすいのですが、野手で大きいのも打てる選手はそれほど出てきません。森山が期待に応えてくれたら問題ないですが、候補がいたら行きたいところ。すでに公言している清宮幸太郎(早実)が大学進学になっても安田尚憲(履正社)金成麗生(日大三)などを今年はいくと思います。
創価大学枠では小松貴志(日本新薬)北川利生(日本通運)がいます。2人とも超ありそうです。
地元枠でいくと、尾山将悟(七十七銀行)若林篤志(JR東海)あたりが気になります。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

ブログパーツ

プロフィール
HN:
プルート太郎
性別:
男性
自己紹介:
★2005年11月23日創刊★
カテゴリー
ブログ内検索


   

にほんブログ村

野球 ブログランキングへ

ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ドラフトでアソボ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]