ドラフトでアソボ ロッテ:ドラフト戦略会議2018(1月号) 忍者ブログ

プロ野球ドラフト会議をネタに予想アソビをしているブログです。中日ファンですがドラフト予想は公平にやっているつもりで日々ドラフト指名選手や順位を考えてばかり。さてドラフト2020は近畿大学のスーパースラッガー佐藤輝明クンがいいなあ。ドラフトニュースはTwitterで更新しています(^∀^)/
この時期に一度開催

★ドラフト2018は今のところ明確な目玉選手はいないが上位の候補は多くいる「ドラフト2018上位24人は誰だ?」とみています。そうなると各球団の色やスカウトの眼力が上位から出る可能性が高い年になるのではと思っています。 自分的にはそこに「ドラフト法則」の要素を入れてドラフト戦略会議スタートです。何か見えるのか見えないのか。

2017年指名
1.安田(履正社高)内
2.藤岡(岡山理付-亜大-トヨタ自動車)内
3.山本(北星学園付-三菱自動車岡崎)投
4.菅野(東海相模-明大-日立製作所)外
5.渡辺(いわき光洋-神奈川工科大-NTT東日本)投
6.永野(日出暘谷-九国大-Honda)投

2016年指名
1.佐々木(日野-桜美林大)投
2.酒居(龍谷平安-大体大-大阪ガス)投
3.(東海大市原望洋)投
4.土肥(尽誠学園-大阪ガス)投
5.有吉(東金-東京情報大-九州三菱自動車)投
6.宗接(神戸国付-亜細亜大)捕

2015年指名
1.平沢(仙台育英)内
2.関谷(日大三-明大-JR東日本)投
3.成田(秋田商高)投
4.東條(桐光学園-青学大-JR東日本)投
5.原(専大松戸)投
6.信楽(日南学園-福岡大-宮崎梅田学園)投
7.高野(呉工-四国院大-JR西日本)投

★ロッテもヤクルトと同じように投打で崩壊してしまい借金33をしてしまいました。

投手陣の戦犯は石川でした。新人から3年間バッチリ活躍したので攻めることもできないですが。育成の星・西野も不発。ただし、ヤクルトと違うのは、二木、佐々木、酒居、有吉など若手投手が使えるめどがついたことです。他の調子が悪かった主力もそれほど高齢ではありません。涌井の動向はありますが、ドラフトで指名した社会人投手3人が入り投手力はアップかな。

野手陣は、投手陣より深刻でしょうか。鈴木大地、角中、田村がレギュラーで中村と荻野、加藤あたりが次に続いています。昨年の外国人野手があまりにも不発だったのが主要因ではありますが、外国人に頼りすぎる打線から脱却が必要です。安田、藤岡、菅野が期待通りなら良いですがどうでしょうか。平沢も3年目になり、結果が出なければまた目玉内野手を指名することもありそうです。

補強ポイントは、今のところ全部ですが、優先順位は右打ちの野手かな。

最近の法則
・社会人指名が多い
  大学卒より明らかに多い傾向
・地元枠
  島、有吉、原など

最近のドラフト評価】(過去のドラフト指名結果) 
2016年の佐々木、酒居、有吉、2014年中村、2013年石川、二木、2012年松永、田村、加藤、2011年鈴木大、益田、2009年荻野、大谷、清田という感じで悪くないです。スカウトの即戦力選手を見る目はありそうですね。あえて言うと社会人選手が多いので5年もたつと30歳となりレギュラーの平均年齢が上がってしまうところが少しマイナス面かな。2016、2015年は投手偏重指名。

勝手にお勧め選手
生田目翼(日本通運)投
  厳しい雰囲気を彼の熱い投球で覆してほしい
笹川晃平(東京ガス)外
  ロッテが指名するとしか思えない右のスラッガー
清宮虎多朗(八千代松陰)投
  地元枠としてとても気になる投手です

★安田が期待通りの活躍ができそうな兆しが1年目から見られると雰囲気が一気に変わりそうですね。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

ブログパーツ

プロフィール
HN:
プルート太郎
性別:
男性
自己紹介:
★2005年11月23日創刊★
カテゴリー
ブログ内検索


   

にほんブログ村

野球 ブログランキングへ

ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ドラフトでアソボ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]