ドラフトでアソボ 2013年ドラフト会議指名結果 忍者ブログ

プロ野球ドラフト会議をネタに予想アソビをしているブログです。ドラフト2019は右投手と捕手が豊作の予感大!ドラフト候補2019をたくさん挙げて勝手に独自でランク付けしています。中日ファンですがドラフト予想は公平にやっているつもりで日々ドラフト指名選手や順位を考えてばかり。ドラフトニュース2019からTwitterで更新しています(^∀^)/
松井、森、大瀬良、梅野、吉田など

★1位のみ入札
       日本ハム          ヤクルト
1 松井裕樹(桐光学園)投  大瀬良大地(九共大)投
1 柿田裕太(日本生命)投  杉浦稔大(國學院大)投
1 岩貞祐太(横浜商大)投  **********
1 渡邉  諒(東海甲府)内  **********
2 浦野博司(セガサミー)投  西浦直亨(法政大学)内
3 岡  大海(明治大学)内  秋吉  亮(パナソニック)投
4 高梨裕稔(山梨院大)投  岩橋慶侍(京都産大)投
5 金平将至(東海理化)投  児山祐斗(関西高校)投
6 白村明弘(慶応義塾)投  藤井亮太(シティライト岡)捕
7 岸里亮佑(花巻東高)外  **********
8 石川  亮(帝京高校)捕  **********

      オリックス           DeNA
1 吉田一将(JR東日本)投  松井裕樹(桐光学園)投
1 **********  柿田裕太(日本生命)投
2 東明大貴(富士重工)投  平田真吾(本田熊本)投
3 若月健矢(花咲徳栄)捕  嶺井博希(亜細亜大)捕
4 園部  聡(聖光学院)内  三上朋也(JXエネオス)投
5 吉田雄人(北照高校)外  関根大気(東邦高校)外
6 奥浪  鏡(創志学園)内  山下  峻(松本大学)投
7 柴田健斗(信濃グラン)投  **********
8 大山暁史(セガサミー)投  **********

      ソフトバンク           中日
1 松井裕樹(桐光学園)投  松井裕樹(桐光学園)投
1 杉浦稔大(國學院大)投  鈴木翔太(聖隷C高)投
1 加治屋蓮(JR 九州)投  **********
2 森  唯斗(三菱倉敷)投  又吉克樹(四国香川)投
3 岡本  健(かずさ M)投  桂依央利(大阪商大)捕
4 上林誠知(仙台育英)外  阿知羅拓馬(JR東日)投
5 **********  祖父江大輔(ト ヨ タ)投
6 **********  藤澤拓斗(西濃運輸)内

       ロッテ             広島
1 石川  歩(東京ガ ス)投  大瀬良大地(九共大)投
2 吉田祐太(立正大学)捕  九里亜蓮(亜細亜大)投
3 三木  亮(上武大学)内  田中広輔(JR東日本)内
4 吉原正平(日本生命)投  西原圭大(ニチダイ)投
5 井上晴哉(日本生命)内  中村祐太(関東一高)投
6 二木康太(鹿児島情)投  **********

        西武            阪神
1 森  友哉(大阪桐蔭)捕  大瀬良大地(九共大)投
1 **********  柿田裕太(日本生命)投
1 **********  岩貞祐太(横浜商大)投
2 山川穂高(富士大学)内  横田慎太郎(鹿実高)投
3 豊田拓矢(T D K )投  陽川尚将(東京農大)内
4 金子一輝(日大藤沢)内  梅野隆太郎(福岡大)捕
5 山口嵩之(ト ヨ タ自)投  山本翔也(王子製紙)投
6 岡田雅利(大阪ガ ス)捕  岩崎  優(国士舘大)投
7 福倉健太郎(第一工)投  **********

         楽天            巨人
1 松井裕樹(桐光学園)投  石川  歩(東京ガス)投
1 **********  小林誠司(日本生命)捕
2 内田靖人(常総学院)捕  和田  恋(高知高校)内
3 濱矢広大(本田鈴鹿)投  田口麗斗(広島新庄)投
4 古川侑利(有田工高)投  奥村展征(日大山形)内
5 西宮悠介(横浜商大)投  平良拳太郎(北山高)投
6 横山貴明(早稲田大)投  **********
7 相原和友(七十七銀)投  **********
8 相沢  晋(日紙石巻)投  **********
9 今野龍太(岩出山高)投  **********

★この年のドラフト候補の特徴は、捕手と社会人投手が豊富ということで普段とは少し違う展開が予想されました。捕手の補強は地味なのですが、チーム作りにとっては非常に重要なピースなので、チーム事情によっては他の有力選手を横目にイの一番に指名する可能性があります。また、社会人投手は、アマチュアでも何年も飯を食っている強打者を基本トーナメント方式のきつい条件の中で結果を出しているため、間違いが少ないので即戦力投手を欲しているチームは大学生投手よりもより指名がしやすいです。

その他に、高校生怪物投手の桐光学園・松井と馬力抜群の九州共立大・大瀬良が上記以外でもいて混沌とした予想が難しい(楽しい)ドラフトとなりました。

何といっても超目玉は2年生の夏の甲子園で10連続三振、22奪三振と衝撃的な印象を全国の野球ファンに植え付けて、来年のドラフトの目玉が決定しました。それからは、野球ファンのみならず名前を知られる存在になりマスコミに追われ気の毒な感じでした。それが影響したのか3年生時は甲子園に戻ってくることはありませんでした。しかしながらプロからの評価は変わらず一時は12球団が松井を指名するのでは?ぐらいの人気振りでした。ドラフトが近づくと即戦力投手に流れる傾向が強く出てきて、大瀬良や吉田の人気が高まり入札でも松井よりも多くなるかも、という情勢になってきました。

しかし蓋を開けると入札は桐光学園・松井に5球団、九州共立大・大瀬良に3球団、東京ガス・石川が2球団と大阪桐蔭・森とJR東日本・吉田は単独指名となり松井人気が落ちていないことがわかりました。

大瀬良は、このエピソードは何度も話していますが、甲子園で当時スーパー高校生の花巻東・菊池雄星と投げあいました。このとき、私の目から見ると明らかに大瀬良のほうが球威があり貫禄がありました。長崎日大・大瀬良の印象が今でも強烈に残っています。「2009年8月13日記事
少し苦しい時期もあった感じですが、やはり2013年の即戦力NO.1投手と考えています。

外れ1位で競合したのは、日本生命・柿田と國學院大・杉浦です。この2人は入札もあるのではという即戦力投手です。外れの外れで競合したのは、横浜商科大・岩貞です。最後まで割を食ったのは日本ハムで栗山監督は半泣きでしたが東海大甲府の大型遊撃手・渡邉を獲得しました。

東京ガス・石川は秋にかけてどんどん評価が上がり競合するまでになりました。大学時代もかなり評価が高かったのですが社会人へいき、ひょろひょろの身体を改造に取り組み2年目に大輪の花が咲きました。石川を外した巨人は、日本生命の捕手・小林を獲得しました。小林は一部で巨人との密約?の噂が出て2位ぐらいでスルっと指名するかと思われましたが、結果としてはグレーなイメージにはならずよかったです。

1位指名でまたまたノーマーク投手(個人的に)が指名されました。ソフトバンクの加治屋です。まあ、内容を見れば申し分ない感じでしたが、リストに挙げていないのは反省点ですね。社会人は秋になるまでしっかりと評価が固まらないので難しいのですが、昨年のヤクルト石山に続いてです。

社会人が2位以降もかなり指名されています。東日本大震災の影響から企業スポーツが戻ってきたことも要因ではないかと思います。それにしても珍しい傾向です。社会人が上位に来たことから、上位で予想された選手たちが意外に低い順位となる傾向がいつもより多く見られました。しかしながら、大活躍していたJXエネオスの大城、三菱重工神戸・守安などはプロに縁がなかったです。

もうひとつの傾向で捕手が豊作という情報どおり補強ポイントにあげた各球団がしっかりと3位までに指名した感じです。森や常総学院・内田は捕手だけでなく内野手の可能性もありそうですが。
捕手11人に対し外野手は5人となっています。外野手はいつもながら多くはないですね。全員高校生で左打ちでした。よっぽどの特徴がないと外野手は厳しいです。

独立リーグ出身者で何と中日が2位で又吉を指名しました。自分の記憶が正しければ、独立リーグ出身者では最高順位だと思います。環太平洋大学時代の昨年もプロ志望届けを出したが指名なく、社会人野球にも入れず、トライアウトでアイランドリーグに入り、そこで1年目から最多勝に輝きプロ2位指名を勝ちとったシンデレラボーイです。

球団別で特徴的だったのは、パリーグを制した楽天が2位の内田以外は8人投手を指名したことです。完璧なシーズンになったマー君がメジャーへ移籍する可能性が高いこともあり、このようになったかもしれません。松井を引いたのは運命的なものがありますね。4人左腕を指名していますから最重点ポイントだというのがわかります。また、内田を指名したことにより大型高校生野手を上位で指名する法則はしっかりと当りましたので、個人的には、にやりです。

西武は相変わらず独特です。言葉では表しづらいですが『独特』ですね。西武もしっかりと北陸枠が使われていてこれも、にやりです。

阪神のドラフトは話題性がありました。1位は、外れの外れですが能見2世と言われて入札もあるのではという感じでした。最速148キロですが速球で押すタイプではないので「技巧派左腕」枠に適合しています。2位の横田は驚きました。ノーマークですが、元ロッテの父を持つ親子鷹でした。中日でも確かプレーしましたね。3位の陽川は高校時代に巨人の育成枠指名を蹴って大学へ進学しました。梅野は病気で亡くなったお母さんとの約束のプロ入りを叶えるという壮絶なドラマがありました。

オリックスは、ちょっとチーム構成上どうかと思いますが、投手4人、野手4人の指名ですが、投手は全員大学経由の社会人、野手は全員高校生です。まあ何歳でも活躍すればOKですけど。

【2014年新人王】
  セ・リーグ:大瀬良大地(広島)新人
  パ・リーグ:石川  歩(ロッテ)新人

◎2013年育成ドラフト会議

オリックス
育1 東  弘明(四国徳島)内

ソフトバンク
育1 石川柊太(創価大学)投
育2 東方伸友(浜田商業)投
育3 曽根海成(京都国際)捕
育4 張本優大(佛教大学)捕

ロッテ
育1 肘井竜蔵(兵庫北条)捕

DeNA
育1 砂田毅樹(名桜高校)投
育2 萬谷康平(ミキハウス)投

中日
育1 岸本淳希(敦賀気比)投
育2 橋爪大佑(大阪商大)内

巨人
育1 青山  誠(日本大学)外
育2 長江翔太(大阪経大)投
育3 北之園隆生(秀岳館)投
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

ブログパーツ

プロフィール
HN:
プルート太郎
性別:
男性
自己紹介:
★2005年11月23日創刊★
カテゴリー
ブログ内検索


   

にほんブログ村

野球 ブログランキングへ

ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ドラフトでアソボ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]